空を見ている男性

エーザイと昭和電工の株価には今後注目

相談している男性

どの製薬会社でも特許切れという問題が起きていますが、エーザイも主力薬でそれがありました。
しかしその後優秀な抗がん剤を開発し、それが日本国内だけではなく、海外でも評価され、収益が上がっています。
エーザイはもともと、中枢神経薬、認知症の薬、抗がん剤などが得意分野ですが、方針として、そのような分野の新薬開発などに特化し、それ以外の分野については工場を閉鎖したり、売却したりしています。
これによってたいへん経営がスリムになり、増益につながっています。

また、現在エーザイは海外に力を入れています。
抗がん剤に関連してアメリカの企業を買収したり、中国でもやはり買収をして後発薬の分野に参入しています。
日本国内でも、他の大手製薬会社と消化器事業を統合してもいまして、事業を整理し、得意なものに絞っていくという方針をとっています。
エーザイは最近株価もぐっと上昇していますが、今後は、よりグローバルな展開が考えられますのでさらに期待ができます。

それまでの事業から新たな分野を開拓し始めているという点では、昭和電工も同じです。
昭和電工は近年ではハードディスクを主力にしていましたが、デスクトップパソコンの需要の減少などで生産が限られていました。
しかし最近注目されていますのがリチウムイオン電池です。
昭和電工はその材料に技術を持っていまして、スマートフォン用に広く普及していましたが、今ではそれに加えて車に載せる用途も有望になってきました。
リチウムイオン電池は電気自動車やハイブリッド車にも使われるものですから、今後の車社会に不可欠なのです。
昭和電工では増産に対応すべく準備しています。
今後株価が上昇していくことが考えられます。

関連記事